2018年3月19日月曜日

どこかの誰かが・・・

私のような普通の研究者は、これは何か人生の修行かと思うくらい、よいこと(論文が受理される、研究費が採択される etc.)よりも悪いこと(あえて書きませんがその逆)のほうを、ずっと多く経験するものです。

そんな日常の中でも、ごくたまに良いことが起こるというのは、どこかの誰かが背中を押して応援してくれているからであるわけですから、その分(少なくともその人を失望させないように)がんばらないといけないよなという気になります。

0 件のコメント:

コメントを投稿