2017年11月30日木曜日

時差ボケ防止法

「防止法」というよりも「軽減法」なんですけどね。私は以前は時差ボケがきつい方だったのですが、最近はなんとかコントロールできるようになりました。ただ単に加齢で体内時計が緩んだだけなのかもしれませんが。

(1)飛行機に乗り込んだら離陸前に腕時計を到着地の現地時間に設定し、フライト中は現地時間にしたがって過ごす。
(2)離陸したら、アイマスクと耳栓を着用してすぐ寝る(現地は夜だから)。
(3)機内サービス以外の時間はひたすら寝るように努力する。なるべく多くの時間寝る。

基本的に日本からアメリカに行く場合を想定しています。日本からだと現地時間の午前に到着という場合が多いと思いますが、最近はぎりぎりの日程で行く場合が多いので、到着したら空港から学会場に直行して、午後には学会に参加しているということが多いです。

学会では演題を見たり人に会ったりとすぐに仕事が待っているので、行きの飛行機ではとにかくアイマスクや耳栓で感覚を遮断して、なるべく多く睡眠を確保して体を休めることですね。飛行機の中は明るくても現地は夜なので。映画を見たり、ゲーム(テトリスとか?)をしたりとかは、帰りの飛行機ですれば十分です。日本に帰国する便は午後や夕方に着くことが多いので、飛行機の中でどう過ごそうとも、少し起きていればすぐに休めるので。

現地での過ごしかたは、もう「明るい間はとにかく起きていて、暗くなったらとにかく寝る(少なくとも寝るように努力する)」という原則を徹底するしかないですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿