2017年8月28日月曜日

「深海2017」展行ってきました

生き物好きの我が家としては必見の「深海2017」展を見に、家族で上野の国立科学博物館に行ってきました。

うちは科博はよく行くんですよね。 特に昆虫と恐竜の展示室がお気に入りです。

夏休み最後の日曜日ということもあって、ものすごい人出だったんですが、貴重な深海生物の標本を見れたのは良かったです。

生物も良かったですが、深海研究の展示もかなり充実していました。個人的に萌えたのは、JAMSTECの地球深部探査船「ちきゅう」のドリルパイプとドリルビットが展示してあったことですね。これで海底掘っているのかと思うと胸熱でした。

深海研究はロマンがあって、ちまちましたバイオ系の研究から比べるとなんだかうらやましいですが、私のやっている深部脳イメージングでも、深いところでニューロンが見えると、たしかに深海魚でも見つけたように嬉しくなります。

深海業界では200m以上を「深海」、6000m以上を「超深海」と呼ぶのだそうですが、一応、深部脳を見ることを仕事としている私としては、大脳皮質5層または皮質下(1mm程度以上の深さ)を「深部脳(deep brain)」、通常の対物レンズの焦点距離を超えた深さ(3~4mmよりも深く、内視鏡的アプローチを必要とする深さ)を「超深部脳(ultra-deep brain)」とでも呼びたい気分ですね、というか、最近では実際呼んでいます(こないだの論文にも書きました)。

あと、関連してNHKスペシャルの「DEEP OCEAN」も良い番組です。久石譲のスティーブ・ライヒ風ミニマルミュージック的な音楽も、涼しげで良いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿