2017年6月6日火曜日

左手のためのピアノ協奏曲

ラヴェルのこの曲は名曲ですね。冒頭のコントラファゴットの地を這うようなソロといい、ピアノ独奏のジャズっぽい雰囲気といい、かなり独特な曲で私の好きな曲の一つです。ラヴェルはもう一つの(両手で演奏する)ピアノ協奏曲もいい曲ですが、私は「左手」のほうが好きです。最近、ひさびさに通勤の車の中で聴きました。

高校の頃、フランソワ独奏、クリュイタンス指揮のCDを聞いたのが初めてじゃなかったかな。いまだにこの曲を聴くと、高3の5月頃のことを思い出します。

0 件のコメント:

コメントを投稿