2017年3月18日土曜日

祈りの空間

こちらに移ってから始めた内視鏡イメージングの成果をまとめて、先日の長崎の薬理学会年会で発表しました。

合間に、以前からお会いしたかった長崎大学のとある先生を訪問することができ、それから原爆資料館と平和祈念館を訪れることもできて、実りの多い旅となりました。

平和祈念館は、正式には国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館というのですが、これは地下にコンクリートで作られた静かな祈りの空間で、本当に素晴らしい建築でした。

優れた建築というのは随所に建築家の工夫や意図が感じられて、建物の中を歩きながら建築家と対話しているような錯覚を覚えるものですが、今回は、久々に心を打たれるような建築と出会うことができました。私も、もし建築家だったらこんな建築を作ってみたいと思ったのではないかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿