2012年11月29日木曜日

ログアウトしてもバックグラウンドジョブを継続するには

リモート接続で時間のかかる処理をするとき、普通に実行するとログアウトに伴ってジョブが終了してしまいます。

そういうときには”nohup (コマンド) &”で実行すると、ログアウトしたあともバックグラウンドジョブが継続されます。これだと家や出張先から新たな解析を走らせることができて、時間が有効に使えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿