2012年10月26日金曜日

ヴァーチャル O O O

科研費の書類を作成しているときに、BootCampでいちいち再起動してMacとWindowsをいったりきたりするのが面倒くさくなったので、Mac上で動くヴァーチャルマシン(仮想マシン)のソフトウェアであるVMware Fusion5を導入しました。

VMware FusionからBootCampのパーティションを直接呼び出すことができるので、パーティションの再設定やWindowsの再インストールなどを行うことなく仮想マシン環境に移行できます。再起動せずにWindowsが動くのは便利なのですが、実行速度はBootCampに比べると(当然ながら)ちょっと遅いかなと。使い勝手を選ぶときは仮想マシン、速度を重視するときはBootCampと使い分けるのが良さそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿