2012年9月22日土曜日

神経科学会終わりました

子供が熱が出てしまったので発表の日だけの参加になってしまったのですが、ポスターに来ていただいた方々の中から、貴重なフィードバックも得られました。ありがとうございます。

研究はやっぱり論文になってナンボというところがあるので、個人的にはまだまだだなと思っています。技術的に最先端(cutting edge)を目指すだけではなく、やはりそれを使って重要な発見ができなくては一流の研究とは言えません。他の演題を見ても、若手で優秀な人はやっぱりきちんと重要なところを突いているなと思いました(さすがです)。私も見習って、つまらない論文は書かないようにがんばりたいです。


0 件のコメント:

コメントを投稿