2012年7月27日金曜日

ImageJのマクロを書く

データ解析に必要な画像処理プログラムがどこかに落ちていないかと検索してみたのですが無いようなので、しかたなくImageJのマクロを書くことにしました。

実はいままでImageJのマクロなんて書いたことはなかったのですが、 documentationを見ながら試行錯誤しているうちに、ゼロから初めて一応半日くらいで欲しいものを書くことはできました。言葉の知らない国に行ってすぐに挨拶と買い物ができるくらいの、最低限のサバイバル会話能力です。

ImageJは多機能かつ高機能かつ操作の柔軟性が高く、動作も軽くてその上フリーなのがいいですね。いろんな人が過去に書いたプラグインなどの蓄積もあって、そういうものを使うのも楽しく、私の好きなソフトウェアの一つです。

当たり前ですが、ImageJのマニュアル操作でできることであれば、原理的には全てマクロを書くことで自動化できます。これとmatlabがあれば、ほとんどの画像処理には困りません。まあ、私の場合ですけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿